旅館にチップは必要?渡すタイミングは?相場ってどれくらい?

海外のホテルではスタッフにチップを渡すのは一般的ですが、日本ではどうなのでしょう。
旅館に泊まる時に仲居さんなどにチップ(または心付け)を渡した方がいいのでしょうか?

スポンサーリンク

旅館でチップは渡す?

そもそも日本ではチップを渡すという習慣はありません。
渡すとすれば心付けですね。

昔は部屋に一人専属の仲居さんがついて食事を運んでくれたり、
布団の上げ下げなどいろいろなお世話をしてくれていました。

そういうふうにお世話をしてくれた方に、感謝の気持ちを込めて心付けを渡すようになったとされます。

ƒvƒŠƒ“ƒg

仲居さんに心付けは渡す?

心付けが必要かどうか、そもそも受け取ってくれるのかなどは旅館によって様々でしょう。

一般的には「渡さなくてもよい」というのが主流です。

その理由としては外国でチップとして払っているのと同じような代金を、
日本では「サービス料」として宿泊料の中に組み込まれているからといえます。

一般的には、サービス料として10%上乗せされてますので、それ以上の心付けは不要です。

そういった意味からも最近は渡さない人がほとんどです。

渡しても辞退するお宿も増えましたし、領収書を出してくれたりお返しの品を用意してくれたりと、逆に気を遣わせてしまうことにもなるようです。

しかし、到着した時にカバンを運んでくれたり、部屋でお茶を入れてくれたりするような高級旅館では渡すという方もいます。
部屋付きの仲居さんがいるような旅館なら、渡したくなる気持ちもわかります。

特別にお世話になったら渡すこともある

具合が悪くなってお世話を頼んだり、困ったことがあって頼みごとをしたり、旅館のものを壊したり汚したり。
普通のサービス以上のお願いや、特別に頼みごとをしたり迷惑をかけた時は渡す場合もあるようです。

これも必ず渡さなければいけないというわけではなく、気持ちとして渡す方もいるということです。

最近の、サービスに力を入れている旅館程、そういったことは始めから必要ないといわれるところもありますので、様々でしょう。

渡すとしたらいつ?

渡す場合は、担当の仲居さんに渡すのが一般的です。

部屋に案内されてお茶を入れてもらった時や、挨拶された時などにさりげなく渡すのがよいでしょう。
カバンの外側のポケットなど、すぐ出せるところに準備しておくとスマートですね。

渡す時は

「お世話になります、納めておいてください。」
「心ばかりの御礼ですが。」
「お世話になります。少しですが・・・。」

などと言って渡せばよいでしょう。

入れ物は小さなポチ袋が一番いいですね。
仕事関係なら「寸志」と書いたのし袋でもいいですし、個人なら無地やかわいいポチ袋でよいでしょう。

ティッシュで包むのはあまり上品ではありませんので、ちょっとしたポチ袋はカバンに常備しておくとよいですね。

旅館などでは板場の板長に包む、ということもあるようです。
しかし、仕事でお世話になったり、常連さんなどならありうるかもしれませんが、個人でそういったことまでする必要はないでしょう。

お茶と和菓子

相場はいくら位包むもの?

感謝の気持ちで包むものなので、渡したい額を渡せばいいですが、
目安としては宿泊代金の5〜10%くらい。

または1,000円~2,000円が最も一般的です
家族なら5,000円くらい渡す場合もあるようです。

だいたい1,000円~5,000円くらいの間で考えればよいでしょう。

また、小さい子供がいると旅館にも迷惑をかける場合もあるので、あらかじめ担当の仲居さんに3,000円くらい渡すという方もいます。

料理を運んできた時に子供がじゃれたり話しかけたりして、仲居さんに迷惑をかけることもありますし、子供の相手をしてくれる場合もあります。
廊下などをうろちょろしてお仕事の邪魔をすることもあるでしょう。

心付けを渡しておけば迷惑をかけてもいいというわけではありませんが、こちらも気が楽ですし、仲居さんも気持ちよく対応してくれる面もあるかもしれませんよね。

また、品物を渡すというのもあります。
地元の名物お菓子などを買って行って「お世話になります。よければみなさんでどうぞ。」と渡すのもいいでしょう。

普段食べられないようなおいしいお菓子などは、仲居さんたちも嬉しいようです。

まとめ

基本的には心付けは渡す必要はありません。
渡したい場合は渡してもよいでしょうが、宿によっては受け取らない場合もあります。

渡す相場は1,000円~5,000円くらいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
こちらも読まれています
スポンサーリンク