PTA役員とは?本部役員ってなに?いつ決まるの?

子どもを持つからには避けては通れない「PTA役員」
特に小学校では「お子様が在学中に1回は役員を引き受けてください」というところも多いと思います。
初めて役員をやる!っとなると、分からない事・不安な事も多いと思います。
ここでは、基本的なPTA役員の役割と種類についてまとめました。

スポンサーリンク

PTA役員は学校でどんな役割をするの?

PTA役員といっても大きく2つに分かれます。

本部役員とは

まずは、会長を筆頭とした「本部役員」です。

PTA会長は、入学式や運動会などで挨拶をしますので、目にしたことはあると思います。

PTAの代表がPTA会長であり、「会長」の補佐、そして学校内の雑務等々をするのが「副会長」になります。
そこに「会計」「書記」が続き、それらの人たちが「本部役員」です。

本部は学校内の事だけでなく、地域やその他外部の団体などともお付き合いをします。
主に会長はそういった対外的な事もする人です。

クラス役員とは

もう1つは「クラス役員」などと呼ばれるものです。

各クラスから毎年数名選ばれます。
大抵、年度始めの懇談会などで役員決めがありますよね。

これが、「役員になったらどうしよう。」とか「役員やりたくない。」などと話題になるものです。

クラスから選ばれた役員は学年ごとのまとまりになって、学年ごとで「学年委員長」「副委員長」などが決まります。

それ以外の人は、各「専門委員会」担当になります。
「専門委員会」とは、学校によって違うと思いますが、よくあるものだと「ベルマーク委員会」や、「広報委員会」などがあります。

E7B791E381AFE381AF-thumbnail2

本部役員とクラス役員の違い

「クラス役員」の上にいるのが「本部役員」です。
(上にいるといっても偉いわけではないので、言い方がよくないですが、
一番分かりやすい言い方かと思い、こうしました。)

本部役員は、クラス役員を決めるところから関わり、専門委員会の引継ぎや活動にあたってのサポート、相談を受けたりします。

学校全体のPTA活動の仕切り、連絡役等々、仕事は多岐にわたります。
そして、学校の事だけでなく、外部との関わりもあります。

クラス役員は、主に学年やクラスの保護者のまとめ役です。

保護者同士の交流を促すイベントを計画したり、各専門委員会に分かれて子供たちがよりよい学校生活を送れるよう活動します。

E383A1E383A2-thumbnail2

本部役員はいつごろから決めるの?

10~11月頃から推薦委員会の活動が始まります。
「推薦委員会」とは、次年度の本部役員と会計監査を引き受けてくれる方を探す委員会です。

推薦用紙を配布して推薦を募ったり、学校によっていろいろなやり方があると思います。
そこで名前が挙がった人に、アタックをするわけです。
この記事を見ている方の中にも、いきなり電話がかかってきて、
「どうしよう」と思っている方も、少なからずいらっしゃるのではないかと思います。

どうやって断ろうもしくは、やってみてもいいけど私に出来るだろうか
どんな事をするんだろうと思っていると思います。

絶対にできないので断る!っという方は、「仕事が休めない」や「子供が小さいから」など、理由があれば正直に断れば大丈夫でしょう。
できないと言っている人に無理やりやらせるということは基本的にはありません。

PTA役員をやると起こるいいこと

■子どもの様子が分かる
■先生と仲良くなれる
■学校の事がよくわかる
■地域の人と仲良くなれる
■普通の保護者では出られない会に出られたり、席の優遇がある(場合がある)

などなど、いい事もあります。

自分なりの楽しみを見つけると、続けられるかもしれません。
自分自身の成長にもなります。

もし、悩んでいる方がいらっしゃったら、大変だけれどやって欲しいと思います。

まとめ

PTA役員には一般的に「本部役員」と「クラス役員」があります。
本部役員の選考が始まるのは11月頃です。

本部役員の詳しい活動内容などは、こちらの記事もどうぞ。
■PTA本部役員ってどんなことをするの?具体的な仕事内容は?

スポンサーリンク