テラス席の虫よけなにがいい?効果があるのは?おすすめはなに?

テラス席のあるお店の虫よけ、どうしていますか?
お客様はじっと座っていますし、足元は暗いので蚊が大好きな場所といえます。

快適に過ごしてもらうためにも、虫よけ対策は欠かせないのではないでしょうか。

スポンサーリンク

テラス席の虫よけはなにがいい?

テラス席の虫よけに適した条件としては

・においや煙がない
・音が静か
・コンセントがないとろこでも使える

などでしょう。

食事をしたりする場所なので、においや煙はNGですよね。
おしゃべりをしたりくつろいでいる時に、落ち着かない音もよくないでしょう。
屋外で使用するので、コンセントがない場所でも置けるものがいいですね。

他にもお店のイメージなどによって、デザインがおしゃれなものがよいとか、防水じゃないと・・・などなど、いろいろな条件は出てくると思います。

テラス席におすすめな、屋外でも使える虫よけはどんなものがあるでしょうか。

屋外用虫よけといえば?

屋外で使う虫よけといえば、まず思いつくのが蚊取り線香ではないでしょうか。
しかし、テラス席の虫よけには不向きですよね。
最近は煙やにおいが少ないものもあるようですが、食事をしているところに煙が漂っているのはよろしくないでしょう。

また、基本的には煙が行かないところには効果が少ないため、風などの環境に作用されやすく範囲も狭くなってきます。

電撃殺虫器は?

コンビニの入り口などに見かけることもある、ヒーターのような機械。
あれは虫が好む光でおびきよせ、高電圧の電気でばちばちっと殺虫するものです。

例えばこのようなものです。

オーム電機 電撃殺虫器 (ブラック) OBK-4S(B)

(amazon.co.jp)


こちらは薬剤を使っていないため、においの心配はありませんね。

ただし、使用したことがあるのですが、蚊をとる効果は弱かったように思います。
また、蚊がかかった時のばちばちっという音が意外と大きいため、テラス席などのおしゃれな場には合わないように思います。
電源がないところでは付けられませんので、そこも少し不便なところかもしれません。

手軽に使えるおすすめは?

まずはこちら「電池でノーマット 180日用セット」

アース製薬 電池でノーマット 180日用セット ホワイトシルバー

新品価格
¥1,078から
(2016/7/1 22:53時点)

(amazon.co.jp)

電池式のノーマットで、「強い拡散力で蚊にしっかり効く」とあります。

電池式なので、置きたいところに気軽に置けます。

使用方法は

●蚊成虫の駆除:4.5~10畳の屋内で使用
●蚊成虫の忌避:屋外で使用
●本品は延べ約1440時間使用できます。(1日8時間通電で約180日間使用できます)

とあります。

「駆除」とは追い払ったり殺して取り除く事ですので、屋内では殺虫効果もあるということですが、「忌避」は単に避けることですので、屋外では蚊を寄せつけない効果だけということでしょう。

屋外なら、蚊が来ないだけで十分ですよね。
ただ、屋外でどれくらいの範囲で効果があるのかの明記はありません。

(参考:アース製薬HP

次にこちら「どこでもベープ未来 150日セット」

どこでもベープ 未来 150日セット パールホワイト

新品価格
¥1,400から
(2016/7/1 22:43時点)

(amazon.co.jp)


今までのどこでもベープに比べて効力が大幅にアップしているようです。
こちらも電池式なので、どこでも置けます。
音も静かで、薬剤のにおいもほとんどしないようです。

使用の目安は4.5~10畳。
1日8時間の使用で約150日間使用できます。

アースノーマットとほぼ同じですね。

また、ベープには「ウルトラベープPRO」という業務用の虫よけもあります。

本格的に虫よけを考える場合は参考にしてください。
■詳細はこちら→フマキラーHP「ウルトラベープPRO」

「アースノーマット」も「どこでもベープ」も、室内での効果は期待できるようですが、屋外の使用をメインとしていないので、広い場所でどの程度効果を発揮してくれるかは不確定的ですね。

広い場所なら、数個置く必要があるかもしれません。

最新の屋外用虫よけ

注目の屋外用の虫よけは「ストロンテックSTRONTEC」です。

住友化学 STRONTEC (ストロンテック) 大空間屋外用虫よけ スターターパック

新品価格
¥6,221から
(2016/7/1 22:33時点)

(amazon.co.jp)

「屋外用」というだけあり、屋外での効果が明記されています。

なんと半径3.6mの空間で蚊を寄せ付けない効果があるとされます。
3.6mって凄いですよね。

薬剤の成分は他の虫よけとほぼ同じですが、最新のテクノロジーで薬剤を30秒に一回自動噴射して虫よけをします。

エネルギー効率に優れた超音波噴霧技術
「大空間屋外用の虫よけ」という用途に適切な噴霧方法を検討した結果、STRONTECTM開発陣は、エネルギー効率に優れるピエゾ素子を利用した超音波噴霧技術に辿りつき、単三アルカリ乾電池2本で約60時間の稼働時間を実現しました。電圧をかけると振動するピエゾ素子により有効成分を空中に噴霧します。独自の技術で、広い空間に継続的・安定的に有効成分を拡散させることに成功しました。(引用:ストロンテック公式HP

熱も使わず安全で、電池式なので持ち運びも簡単です。
薬剤のにおいもしないので、テラス席などにもおすすめとされています。

こちらはかなりよさそうなのですが、一つ気になるのは値段です。
本体は仕方がないとしても、カートリッジ1つで30時間使用というのが少しネックだと思います。

1日8時間使用として、3.75日しかもちません・・・。
約4日もつとして1カ月に7.5個必要です。

カートリッジが1つ約1,000円ですので、1カ月約8,000円です。

住友化学 STRONTEC (ストロンテック) 大空間屋外用虫よけ 取替えカートリッジ

新品価格
¥1,080から
(2016/7/1 22:35時点)

(amazon.co.jp)

暗くなって蚊が出てくる4時間くらいの使用なら、倍はもちますね。

ちなみに、上記のアースノーマットなら、3個買ったとしても6カ月約3,000円で済みます。
でも、場所によっては外に出したままにしておけないと思いますので、数が多ければ毎日設置して回収して片付けて・・・という手間があるのも考慮しないといけませんね。

値段が高くても、屋外用に作られている商品の方が確実ですし安心な気もしますね。

■「ストロンテック」についてはこちらの記事もどうぞ
>>屋外用虫よけおすすめはこれ!電池式で持ち運び簡単■アウトドアにも!

まとめ

広いテラスで小さい虫よけを何個も置くのは、回収の手間やオフシーズンの保管場所なども面倒ですので、「ストロンテック」はおすすめだと思います。

お店のテラス席だけでなく、お家のウッドデッキやベランダなどの使用でも参考にしていただけたらと思います。

こちらも読まれています
スポンサーリンク

フォローする