ダイソンコードレス掃除機は本当によく吸うのか■DC45使ってみました

「ダイソンDC45」我が家にあります。
使い心地、使ってみての感想などまとめました。

スポンサーリンク

ダイソン(dyson)の吸引力は?

「吸引力の変わらないただ一つの掃除機・・・」

というキャッチフレーズで有名です。

結論から言うと、確かに吸引力は変わらないと思います。
ただ、変わらないだけで吸引力がどの掃除機よりも強いかというと、それは疑問です。

E79691E5958FE381AFE381AF-thumbnail2

ダイソンコードレスクリーナDC45について

ダイソンDC45がよく吸うものは、カーペットなどの埃です。
これは普通の掃除機よりもきれいになると思います。

また、フローリングの微細な埃(髪の毛など)はよく吸います。
ですので、掃除面に吸い付く力は強いと感じます。

しかし、吸わないものがあります。

それはフローリングなどの固い床の固形物です。

IMG_3495
■これくらいの米粒くらいから吸いません。
上をヘッドが通ってもゴミは残ったままです。

DC45の説明分の一部はこうです

カーボンファイバーブラシがフローリングの微細なホコリを取り除きます。

一般的なクリーナーヘッドにはナイロンブラシのみが搭載されています。このようなヘッドでは、カーペットではゴミを取り除きますが、フローリングでは微細なホコリを取り残してしまうことがあります。
ダイソンのエンジニアはカーボンファイバーブラシテクノロジーを開発しました。モーターヘッドには硬いナイロンブラシと静電気の発生を抑えるカーボンファイバーブラシが搭載されています。硬いブラシがカーペットからのゴミをかき出し、きめ細かいカーボンファイバーブラシが微細なホコリをより多く取り除きます。(引用:ダイソン公式アウトレット「楽天市場店」)

確かに間違ってはいませんね。大きいゴミは取れないとは書かれていませんからね。
「微細なホコリ」は多く取る。それは納得です。

最新式は?

現在ダイソンの最新のコードレス掃除機といえば、「ダイソン V8 コードレスクリーナー」です。

DC45とはヘッド部分が大きく違います。

ヘッドが変わったとCMを見た時に

「やっぱりな・・・」と思いました。

V8のヘッドは改良されて、公式HPでもフローリングの固形物も掃除しようとしている写真があるので、やはり以前のヘッドはそのあたりに問題があったのだろうと推測します。

ダイソンのCMでいつも吸い取っているのは、白い粉ですからね。

我が家にはダイソンのほかに、コードタイプの普通の掃除機もあります。
そちらは米粒だろうが多少大きなゴミでもなんでも吸い込みます。

恐らくヘッドの差も多少あると思います・・・。

IMG_3492

ダイソンコードレス掃除機のいいところ

ダイソンは、ソファーなどへの吸い付く力は強いと感じます。

玄関マットの上を掃除すると、ダイソンは吸い付いてくっついてきますが、普通の掃除機はちょっと足で押さえていれば持ち上がるほどにはなりません。

ですので、ソファーやマットレス、クッション、カーペット、絨毯などなど・・・布製のゴミは、よく吸っていると思います。

IMG_3494 IMG_3493
■こういった場所はきれいになります。

なによりコードレスなので、気づいた時にさっと掃除ができるのはとても重宝します。

IMG_3491
■壁掛けに出来て場所をとりません。

ちょっとした埃や、絨毯などの食べかす等の掃除にはとても向いていると思います。

やわらかい床なら、大きい固形物のごみもかきとって吸ってくれます。
絨毯しかないお家なら、不便はないかもしれません。

逆に、フローリングが多く、ペットがいたり子供がいたりでペットフードや乾いた米粒などが頻繁に散らかっているお家ですと、不向きに思います。

そういう固いごみは、ほぼスムーズに吸い取ってくれないと思った方がよいでしょう。

まとめ

最新のコードレス掃除機V8はヘッドが改良されていますが、DC45もまだアウトレットなどで買うことはできますので、購入の際は参考にしていただけたらと思います。

スポンサーリンク