お中元を渡す時に言う言葉って?渡し方と挨拶について

最近ではお中元は発送する場合が増えていますが、お宅にうかがって直接渡す場合もあるでしょう。
お中元を渡す時に特別な言い方ってあるのか?なんと言って渡したらいいのかなど、まとめました。

スポンサーリンク

お中元の時期

一般的にお中元の時期は

■関東
7月初旬~7月中旬(7月1日頃~7月15日頃まで)
■関西
7月下旬~8月中旬(7月15日頃~8月15日頃まで)

になります。

お中元として持って行くなら、この期間内にうかがいましょう。

★お中元の時期についてはこちらの記事もどうぞ
>>お中元っていつ?誰に送るの?喜ばれる品物は?

209317

いつ渡す?

玄関先で済ますつもりなら、訪問の約束をする時に「玄関先で失礼させていただきますので・・・。」などと伝えておくのがよいでしょう。

お宅に上がるなら、玄関で簡単に挨拶をした後部屋に行き、正式な挨拶を済ませてから渡しましょう。
また、アイスなどすぐにしまったほうがよいものは、玄関で先に渡してもよいでしょう。

玄関での挨拶
実家や親戚なら
「お忙しいところありがとうございます。おじゃまします。」など

仕事関係など
「お忙しいところ失礼いたします。本日はお時間をいただきありがとうございます。」など

正式な挨拶
基本的には玄関での挨拶と同じ内容でよいでしょう。
「本日はお忙しいところありがとうございます。いつもお世話になっております。夏のご挨拶に参りました。」などです。

渡す時は風呂敷や入れてきた袋からはきちんと出して、正面を相手に向けて渡しましょう。
54a12e42b10e44cf9ed7192c0524b971_s

渡す時に言う言葉

最近では「つまらないもの」という言い方はしなくなりました。

【例】
「いつもお世話になりありがとうございます。心ばかりですが、夏のご挨拶をお持ちいたしました。」

実家や親戚なら
「甘いものがお好きと伺ったので、お口に合うかどうか分かりませんが。」
「みなさんで召し上がってください。」など。

仕事関係なら
「ほんの心ばかりの品ですが、お納めください。」
「お口に合うとよろしいのですが。」など。

「つまらないもの」と謙遜する必要はありませんが、「すごく有名なところのものです」や「手に入れるのに苦労しました」など、あれこれ自慢げに言うのは控えましょう。

お中元は仏壇にお供えされるものですので、相手が箱を開けずそのままお供えすると困るようなものなら、渡す時に

「冷たいものですので、早めに冷蔵庫に入れてください。」や、
「アイスなので、冷凍庫に入れてください。」など伝えましょう。

親しい間柄で「相手がアイスが好きだからこれをあげたい!」ということならよいでしょうが、基本的には日持ちのする品を選ぶのが無難でしょう。

106657

おいとまする時は

「暑いですので、お身体にお気を付けください。」

など挨拶するとよいでしょう。

412884

まとめ

基本的には普通に手土産を渡す時と、言う言葉にそれほど違いはありません。
お中元の時期に「お中元」と「のし」のついた品を渡すわけですから、「夏のご挨拶です」と言い忘れてもたいしたことはないでしょう。

暑い時期の相手の身体を労わる言葉をかけることが、お中元の訪問時の特徴でしょう。

■訪問時のマナーについて詳しくはこちらの記事もどうぞ
>>訪問時の基本マナー|個人宅に行く時気を付けることは?