父の日義父にプレゼントは贈る?喜ばれる品物は?

父の日は6月の第三日曜日。

発祥はアメリカだそうです。
母の日と比べて盛り上がりに欠けるとも言える父の日。

ましてや、結婚して初めて迎える父の日だとしたら、贈るべきか悩みますよね?

みなさんは父の日に義父にプレゼントは贈っていますか?
贈るとしたら、どんなものがいいのでしょう。

スポンサーリンク

父の日に義父にプレゼントを贈る?

そもそも義父に贈るかどうかですが、もちろん贈らないといけないということはありません。

しかし、義父が何が好きなのか分からない。

なんでも持っていて、欲しいものがなさそう・・・とか、なにをあげてもケチをつけられる・・・などなど、あげずらい理由もたくさんあります。
贈らないよりは贈った方がいいとは思いますが、私も以前ネクタイをプレゼントしたら、「ネクタイは腐るほどある」と言われた事があります。

それに、「一度贈ったらやめられないかも」というのも、気になるところではないでしょうか。

確かに、やめられないかもしれません。

今まで贈っていたのに、突然贈らなくなる・・・という事も、やりずらいですよね。

「贈るなら初めの1回だけ、あとは贈らない」というのもおすすめです。

贈り物が気に入ってもらえなくても、気の利かない嫁だと内心思われているくらいなら、1年に1回の事ですから、忘れない限り贈っていくのもいいのではないかと思います。

40代50代60代男性に喜ばれる定番ギフトは?

父の日バラとプレ

自分の父親と違って、趣味や嗜好などがよくわからないのが義父ですよね。
あまり変な物を贈って、迷惑がられたくもありません。

そこで、父の日に贈って喜ばれる定番の贈り物をあげてみます。

■食べ物

一番いいのはやはり消えモノ?
取り寄せの名産品などおすすめです。

■花

意外と喜ばれるお花。
義父が喜ぶというよりも、義母が喜ぶから義父も気分がいい。ということもあるかも?

父の日に贈る花として知られているのは「黄色いバラ」です。

メッセージカードを添えれば、心のこもった贈り物になります。

■一緒にお出かけ

近くに住んでいるなら、一緒に食事に行くのもおすすめです。
料理が得意な方なら、家に招待しておもてなししてみてはいかがでしょう?

■ネクタイ

お仕事で使う事があるなら、一番の定番はネクタイですね。
でも、「いっぱいあるからもういらない」と言われる事も多いです。

■革製品

狙い目は小銭入れやキーホルダー、パスケースです。
品があってセンスのいい贈り物です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

はじめは多少しっかりした品物を贈り、徐々に花だけなどにしていき、いずれは子供に似顔絵を描いてもらいプレゼントするのが、義父も嬉しいと思いますし、贈る方もお金がかからずにすんで一石二鳥です。

スポンサーリンク